お弁当用・自家製冷食作りのコツをこっそり教えます~♪


 

毎朝お弁当を作る日々…料理好きのわたしでも、『ツライ』と思う日があります。。

 

 

だからこそ、朝がんばらないお弁当作りを心がけたいですね。そのために、心掛けていること・・・それは、

 

『一つの工程で二度美味しい♪』こと^^

 

そんな一コマを今日は冷凍室から・・・・

 

 

IMG_1814[1]

 

 

ひじきの煮ものを作ったある日の夜ごはん。

こんな煮物やきんぴら系は、必ずシリコンカップに入れて

冷凍室で、次の出番を待ちます(*^^)v

 

 

冷凍にする時は、最後の煮汁もしっかりと煮詰めて。

味も濃いめにし、水分もしっかりと飛ばします。

 

理由は、冷凍される時にどうしても周りの空気も

抱き込んで凍ってしまうからです。

 

そして、解凍されるとその空気の水分も一緒に溶ける。

だから、水っぽい訳なのです。。

 

便利さをとって、ある程度はガマンですが

でも出来るがぎり美味しく食べたい!

 

 

そんな思いを込めて、日々研究をしています。

 

 

 

水分を飛ばす調理法の秘訣

▼▼▼

これは、いつもいつも わたしのキッチンでしていること。

その秘訣は、火を消してからにあります(*^^)/

 

 

調理をしていて、こんな現象を見かけたことはないですか?

 

 

お鍋の火を消した途端に湯気が立ちのぼること。

 

 

実は、火を消してもまだまだ調理はすすんでいるのです。

蒸気が目に見えている間、まだ調理中です。

火を消したその後も、湯気がある程度見えなくなるまで菜箸で混ぜてあげるのです。

 

 

そうする事で、どんどん湯気(=水分)が出て

しっかりとした味に仕上がります。

 

 

このしっかりと水分を飛ばす。と言う作業が冷食には必要で、企業もあれこれと工夫をこらしているわけです。

 

 

おうちで出来る、しかも何も特別なことはしない美味しい自家製冷食を作るコツ☆

 

興味をもってくれたらうれしいです(^^)

 

 

あっ。普通に食べる時はその必要はありません。

かえって、パサついた仕上がりで美味しさが半減してしまいます。。

ある程度、煮汁がまとっていた方が舌ざわりも良いですものね。

 

わたし弁当

 

夏は、そのまま入れて保冷剤代わりになりますよ^^

 

:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

自家製冷食作りの美味しいコツ。

今回の記事はいかがでしたか?

読んでよかった(≧∀≦)と思っていただけたましたら、ぜひ「いいね!」をポチっとおねがいします♪