新米の季節ですね♪あなたは“無洗米派?”それとも“研ぐ派?”


こんにちは。

【かぞくの献立*Happyダイニング】

の福田かずみです^^

 

 

 

 

秋は、なんでも美味しい季節ですね♪

今年も新米が出回り、もう食べている方も多いかしら♪

 

 

 

ところで、あなたは“無洗米派”?それとも“研ぐ派”?

 

 

 

わたしは、真冬だけ手のしもやけに悩ませられるので

無洗米に切り替えます。

そんな時、ん~~。なんか違うな・・・。と

毎年ながら感じてしまいます。

ま、そのうちに慣れてしまうんですけどね。

 

でも、その味の違いが気のせいなのか、

そもそも無洗米って洗わなくて済むだけでなく、

お米として何が違うのか知りたくなりました(*^_^*)

 

 

 

 

無洗米・・・お米の表面のヌカを完全に落としている。

精白米・・・お米表面のヌカが少し残っている。

 

 

このヌカの存在がポイントでした。

 

 

ヌカは、ごはんの香りや美味しさの素になっているそう。
ヌカがない時点で、美味しさの要素が失われている・・・
ということなのでした。
また、無洗米は研がないので

お米の表面に傷がつかず水の吸収がしにくい。
一方精白米の方は研ぐ時に、

米肌に傷がつきお米の芯まで吸水がされやすい。

 

 

ここまでの様子ですと、“研ぐ派”に

軍配があがってしまうのですが

 

 

 

とは言え、毎回お米を研がなくてよいという

メリットもありますものね。
そんな良い点・悪い点をまとめました(^_^)/

 

 

 

無洗米  ◎良い  ×悪い

 

 

yjimage (7)

 

 

 

 

◎毎回研がなくてよいので、時短
◎   〃        節水
×味が気になる・・・。硬い炊き上がり。
×お米の表面がヌカで覆われていないので乾燥しやすい。 

 

 

 

精白米  ◎良い  ×悪い

 

 

 

yjimage (9)

 

 

◎ヌカが残っていることで、香りと甘みを感じられる。
◎研ぐことで表面に傷が出来、水の吸収が早い。
×研ぐ手間が掛る。

×とぎ汁が出る事で水質汚染に・・・

 

 

と言ったことがあげられました。

 

 

ヌカの美味しさを選ぶか、時短節水で選ぶか・・・。

 

 

 

でも、便利な無洗米・・・

家事や育児・仕事で忙しいわたし達使わない手は

ありませんね。

 

 

 

無洗米を美味しく炊くポイント

 

固い炊き上がりについて。

 

☑ “空研ぎ”をする。

水を入れず、乾いたお米を軽く研ぎます。

お米の表面に傷をつける事で吸水を助けます。

 

 

 

☑水加減は、多めにする

 

1合に対し大さじ2(30㏄)を足します。

 

精白米は水を入れて洗うので、

洗い終わったときにはすでに一定量 の水を吸水しています。

無洗米は水を注ぐだけなので、この吸収される分を多く入れる必要があります。

 

また、精白米には玄米の時の約3%のヌカが付着していますが

無洗米は取り除かれています。

同じ1合でも、その分お米の量が多くなっています。

 

 

また、無洗米専用の計量カップもありますよ。

このように、あらじめお米の量を減らして計るので

水加減を気にする必要がありませんね。

 

 

 

 ☑浸水時間は長く。

 

目安は夏なら60分、冬なら90分間を目安に水に浸してください。

 

 

 

そして最後に・・・

 

 

☑シャリ切りをするタイミング

 

ご飯が炊き上がったら10分待ち

シャリ切りをする。

(シャリ切りとは・・・おしゃもじで、ご飯を縦に切るように上下を返し

空気を入れるように混ぜること)

 

これを怠ると、余分な水分が抜けず

ごはんは、重たくなってつぶれてしまいます。。。

 

 

yjimage 

 

 無洗米、精白米のどちらにしても

シャリ切りのタイミングは、とっても大切です(^_^)/ 

 

 

何はともあれ・・・新米の季節

ちょっとお塩の効いたシンプルなおかずで

美味しいごはんをいただきましょうね♪♪

 

 

 

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ご感想もいただけるとうれしいです♪

 

 

:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

お料理が 10倍 楽しくなる!!

『冷蔵庫スタイリング+お料理レッスン』

 

10月22日開講☆

 

キレイで機能的な冷蔵庫を手に入れて

フードロスをなくす循環型冷蔵庫へ・・・。

今年の年末には、スッキリ冷蔵庫生活が定着しますように♪

そして、その先の新しい食生活へ・・・

詳しくはコチラ

▼▼

http://reizouko-club.com/?p=2752