“生”でも嫌にならないでね。「もっと、むね肉!!」続編☆


 

こんにちは。

冷蔵庫スタイリストの福田かずみです^^

 

 

前回の記事

 

『もっと、むね肉!!』レンジ蒸し鶏のおさらい&一緒にサラダを作りましょっ♪

はコチラ・・・☆☆

 

 

の続編です(^_^)/

 

 

 

室温に戻した鶏むね肉を600Wの電子レンジで2分40秒加熱。

とっても簡単に出来る

 

 

レンジ蒸し鶏

 

 

 

とにかく簡単♪

なんて、言っておいて
実は、出来上がったら

え~~ん。。生だった・・・(・へ・)

 

 

 

そんなことは、ありませんでしたか?

 

 

 

でも、そこでこんなに便利なレンジ蒸し鶏を
嫌いにならないでくださいね^^

 

 

 

今日は、そんな生だった時の
対処法をおはなしします!

 

 

 

フタを開けたらまだ“生”・・・・だった時。

普通は、再加熱をしますよね。

わたしもそのように補足していた時がありました。

 

 

 

でも、そうするとどうしても

加熱しすぎてしまい、パサパサな部分が出来てしまいます。

 

 

そんな悲しいむね肉にしないために
こんな調理の方法を提案致します~(^_^)/

 

 

▼▼

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

基本のレシピ

鶏むね肉 300gに対して

2分40秒加熱後。

 

 

 

フタをあけてみると・・・うわぁ~生 (・へ・)

そんな時でも、

しっとりと仕上がっている部分
そのまま美味しくいただく。

 

 

 

という考え方^^

 

 

 

「生」の部分ぎりぎりまで、スライスしてみます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

このギリギリの部分が・・・

それはそれは、しっとりしていて

とってもジューシーなのです♪♪

 

 

 

では、断面をよく見てみましょう!

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ちょっと見ずらいのですが・・・

 

 

半分より下は、これまたジューシーに
レンジ蒸しされているのです(^_^)/

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

ということで、この生の部分を

そぎ取ります。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

しつこいのですが

この生に近い部分が一番水分があり
最高の状態に蒸されているんです^^

ツヤツヤなのが、わかるかしら~~?

(ごめんね。しつこくて(*^_^*))

 

 

 

そして、生の部分だけは

このようにカットして・・・

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

昨夜の残り・・・

和出汁で作った“豆乳スープ”に
加えて、やさしく火を通してあげますよ。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

いかがでしたか?

 

 

生でも嫌にならないでね。「続・もっと、むね肉!!」

 

今日の記事を書いた思いは・・・

 

 

わたしが長年作り続けている

我が家の有能タンパク源

レンジ蒸し鶏

 

 

電子レンジ加熱は、とても便利な反面

時として上手くいかない場合があります。

それは・・・

 

 

☑“お肉を室温に戻す”の季節による温度のちがい。

 

☑いつも300gのむね肉が手に入るわけではありません。

 大きいサイズだったり・・・。その逆も。

 

☑電子レンジのメーカーによる、若干の加熱具合のちがい。

 

 

が挙げられます。

でも、上手くいかなくても

何度か作っていくうちに
おうちのレンジとも仲よくなれます♪

 

 

 

その時々に合わせて

 

◇加熱時間の調整
◇加熱後の放置時間

 

 

をつかめるようになります。

 

 

 

生でも、嫌にならず
レンジ蒸し鶏を美味しく召し上がっていただきたくて。

 

 

 

そして、いつかみなさんに、レンジ蒸し鶏のプロ
なってほしいな~っと思っています。

 

 

 

冷蔵庫にレンジ蒸し鶏
メインディッシュに、副菜に
プラス蒸し鶏で美味しい食卓を囲んでくださいね

 

 

無料メール講座

『冷蔵庫から暮らしを美しく、理想の食生活をかなえる “美人冷蔵庫術” 7つのステップ』

 

冷蔵庫の整理収納・お料理への活用が学べる7日間♪
詳しくはこちらへ・・・・・☆☆