えっ!?水で戻した切干し大根は旨みと栄養のぬけがら?美味しい常備菜と冷蔵庫収納


冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

お馴染みの”切干し大根”ですが、どのパッケージを見ても作り方に「水でもどして・・・」と書いてあります。

そして、「次に、茹でこぼして」とまで書いてあるものもあります。

 

切干し大根は、天日に干すことによって生の大根と比べ、旨みが増し自然の甘みと栄養素も
数倍になっています。

 

その蓄えた美味しさと栄養が、水に溶け出てしまうということなのです。

 

 

切干大根×

 

 

ということで、切干し大根は水で戻すべからず!

 

実際に、戻さずに甘酢漬けを作ったところ、今までの味とは明らかにちがい、強い旨みを感じました。そして、何より甘い♪ これまで食べたことのない美味しさに驚いたのでした。

 

でも、わたしもこれまでは、当たり前のように水に浸けて戻していました。

 

水で戻さない代わりに、汚れが気になる方はザルの上で軽く水を流す程度で。その水分でもじんわりと柔らかくなります。

その後、煮物にする場合は少しばかりお出汁を多く使ってください。

 

水で戻す代わりに、水やお出汁・調味料を吸わせる。”戻しながら調理をする”という考え方が良いと思います。

 

 

ぜひ、本来の旨味を感じていただきたい思います。水で戻さない切干し大根で美味しい常備菜を作ってくださいね( ^ ^ )/

 

作り置きのおかずも美人冷蔵庫収納法で快適な冷蔵庫空間へ♪

 

食品ロスをなくす冷蔵庫収納に!”作り置きおかずの棚をきめる”