筍は水に浸けて長持ち〜♪ 食品ロスが”ゼロ”になる冷蔵庫整理収納術


 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
残ってしまった筍。どのように保存していますか?きっちりとラップをして、野菜室? 実は、このように水に浸けて冷蔵庫に入れておくと2週間ほど保存することができるんですよ^^

 

FullSizeRender (33)

 

 

FullSizeRender (32)

 

2〜3日に一度、水を変えてくださいね。

 

冷蔵庫収納は、野菜室より冷蔵室

 

浸水した筍の収納場所は、野菜室より温度が低い冷蔵室をおすすめします。

 

 

phonto

 

そして、せっかく保存した筍が忘れ去られてしまわないように気をつけたいですね。そこでポイントなのが、収納する場所にマイルールを決めること。

マイルールって? どのように決めたらいいんだろう??・・・そうですよね。

食品ロスを出さない冷蔵庫収納法

 

例えば、今回の筍の場合は消費期限の目安が2週間です。では、作り置きしたひじきの煮物は?おおよそ、3〜4日ですね。

このように、消費期限の長いものと短いもを混在させないように収納するというルールを決めてみてください( ^ ^ )/

 

消費期限の長い食品は、ココ。短い食品はこのエリアと^^

 

よろしかったらコチラのページに、詳しく解説しています。消費期限が一ヶ月と3〜4日を例に棚ごとに分ける美人冷蔵庫術です♪

 

『マイルールを決めて冷蔵庫収納♪消費期限ごとにまとめて、食品ロス”ゼロ”の美人冷蔵庫』

棚ごとに区分して食品ロス”ゼロ”の美人冷蔵庫へ