「食べものを大切におもうこと」日本の食品ロスと美人冷蔵庫


 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
 
今日のテーマは、
「食べものを大切におもうこと」
 
 
早速なのですが、ふだん食べるものを大切にしていますか? でも、大切にするってどんなことなのでしょう。
色々な表現があると思うのですが、最終的には ”捨てないこと” だと思います。

 

当たり前のことだけれども、この食べものを捨てないということ。なかなか徹底することが難しいと感じます。
 
 

さて、ある日曜日の朝 わたしは、横浜市内にある町内会館へ向かいました。

この日は、町内会の総会に加え、班長さんの新旧入れ替えということで総勢150名の人が集まりました。
 
そちらで、”食品ロスをなくす”というテーマで冷蔵庫整理収納術のお話しをさせていただきました。

 

 

男性の方が多い中、冷蔵庫の話に耳を傾けていただけるには?と思案をしたのですが、
わたしが一番伝えたかったことは
 
 
そう、『食べ物を大切におもうこと』
 
 
具体的に、こうしてああして という収納術よりも、誰もが心の中にもっている
”もったいない”と思う気持ちを大切にしてほしいと願いを込めてお話し致しました。
 
 
日本の食品ロスは、年間632万トンと言われています。一方、世界の食品援助量は、2014年に320万トンと推計されました。
 
 
世界中の飢餓に苦しむ人たちのために集められた食べ物。その2倍もの量を私たちは捨てているのですね。

 

 

だからと言って、
「食べ物を捨てないようにしましょう!」と啓蒙しても、なんだかしらけてしまいます。
そんな直接的なことより、

 

「食べ物を大切におもうこと」

 

これがあってこその捨てない実行力が伴うのだと。

 

私たちには”もったいない”と思うDNAが息づいているはず。その気持ちをもっと大切に感じとってほしいと思います。
 
 
そのための環境づくりとして美人冷蔵庫があります。
ぐちゃぐちゃな冷蔵庫では、食べ物を大切に感じることは難しいですね。
 
 
みなさんの冷蔵庫から、食品ロスがなくなりますように。わたしの願いです。