子どものワンプレートごはんに「レンジ蒸し鶏×ベーコン」


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

3月も最終週になりました。春休みになり、子ども達への食事づくりで忙しくなりますね。

 

そんな時は、ストック食材が欠かせません。中でも週に一度は、作りおきをしている我が家のお惣菜を紹介したいと思います。

 

 

それは、「レンジ蒸し鶏」です。

 

 

お惣菜というより、”おかずの素”と言った方が正しいかもしれません。

 

 

わたしが作り置くのは、完成されたものより、”下ごしらえ”といった方がしっくりくるのかもしれません^^その時、冷蔵庫にある食材により、主菜にも副菜にもアレンジできる

 

レシピは、至ってシンプルです。
鶏のむね肉に塩と酒をふって、電子レンジで2分40秒加熱するだけ。

 

 

 

詳しい作り方は、こちらのページに載せています。

「作りおきおかず『レンジ蒸し鶏』しっとり仕上げる3っのルールと食品ロスゼロの冷蔵庫収納術」

(今回は、この蒸し鶏を使った料理をいくつかご紹介します。)

 

 

低糖質で高タンパクな鶏むね肉は、我が家にとって欠かせないタンパク源になっています。

 

 

只今、春休みの真っ最中。子ども達のごはんも、ワンプレートで済ませたいメニューが多くなりますね。

 

 

そこで、育ち盛りの子ども達に「蒸し鶏」を取り入れてほしいと思うのです。

 

 

例えば、「オムライス」を作る時、
ベーコンだけでは脂質が多く、タンパク質が不足します。そんな時には、蒸し鶏の角切りを足します。
逆に、蒸し鶏だけでは、旨味が足りないのでベーコンとの組み合わせが良いんですよね。

 

 

続いて、「ピザトースト」にも。
カルシウム豊富なので、子ども達の成長に取り入れたいチーズですが、乳脂肪分が多いですね。
なので、淡白なむね肉との相性は抜群。ここでも、良質なタンパク質を補うことができます。そして、やはりちょい足しベーコンで旨味をプラスします。

 

 

「グラタンやクリームシチュー」にも、蒸し鶏とベーコンがよく合います。蒸し鶏だけでは、さっぱりすぎる。ベーコンだけでは、油っぽい上にタンパク質不足に。

 

 

「蒸し鶏×ベーコン」

 

 

は、お互いの欠点を補える最良のパートナーだと思うのです。

 

 

手軽にタンパク質を補える、わたしが愛してやまない(笑)”レンジ蒸し鶏のレシピ”を。今日は、冷蔵庫収納と一緒にお届けいたしました。参考にしていただけたら嬉しく思います。