『ふじのくに食べきりやったね!チャレンジ』冷蔵庫整理と食品ロスのトークショーが開催されます。


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

今日は、静岡県『ふじのくに食べきりやったね!チャレンジ』を紹介します。

こちらは、来月10月の3R推進月間に、静岡県内の小学生 約20万人に配布される教材です。

 

 

家に帰った子ども達が、家族と一緒に食品ロスを減らす方法を考えるきっかけとなりますように。そして、取り組んだ結果を報告することもできるようになっています。

 

”食品ロスをなくすための標語”の募集があり、優秀者には表彰も。また、参加者には、抽選でプレゼントの用意があるそうですよ♪

 

小学生の子ども達にとって、”食べるもの”とはどんな存在なのでしょう。

”食べられて当たり前?” そう、日本はほとんどの人が毎食食べることができて、もしかしたら食べきれなくて残してしまったこともあるかもしれませんね。

実際、日本では 食べられるのに捨てられてしまう食品ロス が 646万トンもあります。

 

 

この機会が、親子で食べもののことを考えるとても良いきっかけになると思います。

私は、食べものを大切にする心を育むのは、家庭でしかできないことだと思っています。

『いただきます』と『ごちそうさま』の気持ちをあらためて確認できるといいですね。

そして、お父さん・お母さんには、食べものを大切にする親の背中を見せてほしいなと思います。おじいちゃん・おばあちゃんの背中も。

子どもの前では、決してゴミ箱に食べるものを捨てることのないように・・・。

食べきりチャレンジオープニングイベントを開催!


開催日時:平成30年9月29日(土)  11:00〜12:20
会    場:アピタ富士吉原店(富士市国久保2丁目1番10号)
https://goo.gl/maps/SxyBjqo5VU72

 


 
 
こちらで、冷蔵庫収納と食品ロスについてお話をさせていただきます。今回は、トークショーということで明るく楽しくお伝え出来ることと思います。
 
 
お近くにお住まいの方は、ぜひお立ち寄りください。
 
 
アピタ店富士吉原店の店内では、お子さま向けの食品ロスやゴミを減らすためのクイズラリーも開催します。
クイズ用紙は、静岡県と富士市のゆるキャラ”ふじっぴー”と”むすびん”からもらってくださいね。
 
 
静岡県が運営している ゴミ削減ナビ「Rのあるくらし」でもご案内しています。

https://r-kurashi.machipo.jp/topics/19.html