『残った大根で時短鍋』使いかけ野菜も食品ロスにしない野菜室収納


 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
今日は、野菜室で残りがちな大根を使って時短鍋を紹介します♪

スライサーを使って、大根を薄切りにすると火の通りも早く葉物野菜のようにいただけるんですよ^^
では、早速作っていきたいと思います。

 

お鍋にお湯を沸かしながら、スライサーで大根を薄切りにしていきます。

 

IMG_9085

 

どんどん、ただただ薄切りにしていきます。

(最後、小さくなったら無理をしないでパックっと食べてくださいね^^)

 

 

色合いが寂しいので、人参も♪

 

IMG_9088

 

怪我をしないように気をつけながらシャッシャッシャッとね。人参は、大根の3分の1ほどで良いと思います。さて、残った人参は、野菜室に戻すのですが・・・ここで美人冷蔵庫収納のお話しです!

 

使いかけ野菜の保存方法

 

使いかけの人参は、どのようにして保存していますか?ラップに巻いて?でも、いつの間にか剥がれたり、野菜室の中で迷子になっていませんか?

 

そこで、こちらの使いかけ野菜専用の密閉保存容器をオススメしています!

 

▼▼

 

IMG_9093

 

容器の底に、すのこが付いているとお野菜の水分が適度に保たれ、野菜も瑞々しく保存することができます。

 

 

IMG_9095

 

次回、献立を立てる時は、まずこの保存容器を開けて考えます。使いかけのお野菜がまとまっているので、管理が行き届きますし、 迷子になることもなく食品ロスを減らすことができます。

 

こちらの保存容器について → ☆☆

 

 

さて、そうこうしているうちに出来上がりました♪ 薄くスライスされているので、火の通りも早いですね。食感も優しくて、たくさん食べられます^^

 

IMG_9090

 

あとは、食卓で豚肉をしゃぶしゃぶして。春雨も入れると味馴染みが良く、さらに美味しくなりますよ。名残りのゆずとお醤油でいただきます♪

忙しくてもこんな時短鍋なら、ササッと美味しい食卓になりますね。野菜室に大根が残っていたら、ぜひ作ってみてくださいね。大切なお野菜、最後まで美味しくいただけますように♡