食品ロスゼロ!使いかけ野菜専用の冷蔵庫収納術


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです^^

 

みなさんの野菜室にはどんな野菜が入っていますか?
野菜室で悩ましいのは、野菜を使い切れずに食品ロスにつながりやすいところではないでしょうか。
実は、家庭の食品ロスの約半分が野菜という統計があります。(食品ロス統計調査・H23農林水産省発表)

今日は、そんな野菜室をきれいに整理することで、食品ロスゼロを目指す冷蔵庫収納術をご紹介します。

 

 

IMG_6626

 

上の写真で、野菜室の上段をご覧ください。野菜室の上段には、二つのカゴと密閉できる保存容器がセットされています。今日は、こちらの保存容器を見ていきます。

 

IMG_6619

 

このように、使いかけや残り少なくなったサニーレタス・一本だけになった人参・カブ・大根・ミニトマトが入っています。

 

こちらの容器の特徴は、すのこがついていること。

 

FullSizeRender (4)

 

なので、このように水洗いをしたら・・・

 

FullSizeRender (3)

 

濡れたまま入れても、余分な水分が下に溜まり、野菜の水腐れを防いでくれます。そして、蓋にはゴムが付いている密閉容器なので・・・

 

IMG_6623

 

容器内の湿度がほどよく保たれます。切りっぱなしの大根も、ラップもせずにそのまま入れられるのです。

 

そして、献立を考える際はこの容器の残り野菜を優先して使うようなメニューを考えます。

 

使いかけ野菜は、ラップで包むよりこの方法がおすすめです。
ラップでの保存の場合、いつの間にか剥がれていたり、どこかに移動してしまって、気がつくと干からびていた・・・など。食品ロスになってしまうこともしばしばですね。

 

このような保存容器を野菜室に設置し、迷子になりやすい野菜をまとめてあげると、管理がしやすくなり食材のロスも大きく減らすことができます。

 

☆商品情報☆

⬜︎ツインズ(TWINS) ナノシルバーネオ抗菌密閉容器 角大(すのこ付) NNS-071・・・・☆☆

サイズ:幅29.8×奥行22.8×高さ8.5cm

**2019.12.14現在

 

追記 葉もの野菜の鮮度維持がすごい!

 

わたしが、この保存容器を使い始めて3年になります。その中で感じたこと・・・それは、特に葉もの野菜の保存力が素晴らしいということ。

 

 

水菜・サラダ菜・サニーレタス・三つ葉などは、特に瑞々しさを保ってくれます。

 

お買い物の間に、ちょっとくたびれてしまった葉物野菜は、しばらく水につけてから野菜室に保存しましょう。

そして、少なくなったら、この容器に移動させてください。買ってきた時よりもシャキッとしたまま最後まで美味しくいただけますよ^^

 

この容器に入れない方が良い野菜

 

こちらの容器は、湿度が98%と高湿度を保ってくれます。なので、湿度が高い環境が苦手な野菜は入れないようにしましょう。
身近なものとして、きゅうりやナスは濡れていると傷みやすくなります。
また、臭い移りが気になる玉ねぎ・ネギなども使いかけでも、個別に保存します。

 

冷蔵庫収納家 福田かずみは、冷蔵庫収納のコツを紹介しながら、食品ロス削減の講演かつどうをしています。講演会のご依頼、その他ご相談は、下記のフォームからお気軽にご連絡くださいませ。

 

お問い合わせはコチラから

*のついた項目はご入力必須です。

【お問合せの種類】*
 1つお選びください
講演について取材について料理教室についてその他
【ご検討中のテーマ】*
 1つまたは複数お選びください
食品ロス冷蔵庫収納料理・食育その他
【当サイトを知ったきっかけ】*
 1つまたは複数お選びください
検索フェイスブックインスタグラムテレビ雑誌講演会知人の紹介その他
【お名前】*
【ご所属】*
【ご住所】*
【Eメールアドレス】*
【電話番号】*
【通話ご希望時間帯】
第一希望


第二希望
【お問合せ・ご依頼内容の詳細】

 

 

 


コメント

  1. […] この保存容器の詳しい美人冷蔵庫術はコチラから・・・☆☆ […]

  2. […] →野菜室の整理収納は、”使いかけ野菜専用”の保存容器で最後までおいしく食品ロスゼロに! […]