「年末年始の我が家の冷凍室」大物冷食とのつきあい方。


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

年末年始は、急な頂き物やお歳暮などで冷凍庫内に大きなスペースを要する場合があります。家族が集まり賑わう時は、冷蔵庫の中もぎゅうぎゅうに賑わうものです(*^_^*)

 

例えば、こちらは年末年始の我が家の冷凍室です。

 

fullsizerender-64

 

カニの切り身がワンサカと並んでいますね^^

 

では、こちらの写真をごらんください。

 

img_3393-1

 

これが、わたしの基本の冷凍室です。

 

通常は、このような収納法で毎朝のお弁当作りなど、日々の調理をスムーズに進めています。とは言え、この理想の収納法が時として邪魔に感じてしまうことも!

 

そんな時は、スペースを空けるために保存容器を一時撤去します。この保存容器は、子ども達のお弁当づくりをスムーズにしてくれる自家製冷食です。年末年始は、お弁当作りもお休みなので問題ありませんね。

 

そして、空いたスペースに届けられた食材を入れるということになります。

 

実は、これは毎年の我が家のスタイルになっています。

 

このように、あらかじめ予測ができると良いのですが、なかなかうまくいきませんね。

 

特に、冷凍庫内の食材は、季節や食生活によって変化していきます。夏の食材はアイスクリームが増えたり、保冷剤が多く必要だったり。冬は、その逆になります。

 

年末年始も同じです。

 

季節に合わせて保存する食材が変わります。それに順応できるように心構えができるとよいですね。

 

年末年始は、特に食材の入れ替わりが激しい時。特に散らかりやすい時期でもあります。そんな食材の入れ替わりにくじけることなく、”時期が来れば落ち着いてくる”ことを念頭に。

 

タイミングを見て、基本のスタイルに戻すようにしてくださいね^^

 

無料メール講座『理想の食生活をかなえる “美人冷蔵庫術” 7つのステップ』