食品ロスをなくす冷蔵庫収納へ!”作り置きおかずの棚をきめる”


 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
せっかく作った”作り置き”おかず。冷蔵庫内で、どこかに追いやられてしまい結局腐らせてしまった。。。そんな経験はありませんか?
 
 
特に、作って間もなくは覚えていますが、残り少なくなった時が要注意ですね。
 
 
 
どこかに追いやられてしまう=見えなくなる
 
 
 
作ってから数日がたち、しかも視覚からなくなるとどうしても管理が行き届かなくなります。
 
 
作り置きおかずに限らず、その原因を取り除かなければ、冷蔵庫から出る食品ロスはなくなりません。繰り返し腐らせてしまい、捨ててしまうことになります。

 

その原因は、定位置を決めていないこと。

 

こちらをご覧ください。

 

作りおかず.001

 

冷蔵庫の中は、棚ごとにグループ分けをしています。作り置きおかずの棚は、下から2段目の棚。

 

家族も共有する冷蔵庫です。例えば、ご主人がビールの当てに「何かないかなぁ〜」と思って冷蔵庫を開けた時も、ココの棚を見れば一目瞭然。ごちゃごちゃと探さずにすぐに手に取ることができます。

 

何が・どこに・どれだけあるか・一目瞭然の冷蔵庫へ。
 
 
ぜひ、棚ごとにグループ分けをし、食料品の管理が気持ちよくできるように。まずは、作り置きおかずの棚を作ってみてくださいね^^

 

無料メール講座『理想の食生活をかなえる “美人冷蔵庫術” 7つのステップ』