『自家製お弁当冷食~いつもの晩ご飯と一緒に♪』~無理なく仕込むタイミングを紹介します!


 

こんにちは。

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

毎日作るお弁当・・・イチから準備するのはとても大変ですね。特に副菜・・・(>_<)そこで、晩ごはんのおかずから自家製冷食を作ってみませんか?

 

お弁当冷食づくり1日目

 

こちらは、ある日の晩ごはんで作った副菜。ピーラーでささがきしたきんぴらごぼうです。

 

出来上がったら、一部を取り分けてお弁当用ケースに入れ冷凍します。

 

IMG_6884

 

お弁当冷食づくり2日目

 

晩ごはんに南瓜、を煮たので、同じように取り分けて冷凍します。

 

(写真がなく、すみません(^人^))

 

お弁当冷食づくり3日目

 

またまたある日の晩ごはんでは・・・

 

IMG_6887 (1)

 

切干大根とえのきの炒り煮 を作りました。やはりお弁当用冷食に取り分けます♪

 

お弁当冷食

 

と言ったように、お弁当冷食のストックが増えていきます。少しの手間をおしまずにしてあげることで、朝のお弁当づくりにゆとりが生まれます♪
 

 
FullSizeRender (10)

 

料理は、作るそのタイミングによってとても面倒くさく感じたり、それほどでもなかったりします。

今日は、レシピではなくどんな時に仕込むと無理がないのか・・・という事をお伝えしました(*^_^*)

ちなみに、この3品は全て冷蔵庫に置いておきたい合わせ調味料で味付けをしています。

 

 

晩ごはんから自家製冷食 無理のないタイミングを見つけて、ぜひ仕込んであげてくださいね☆

 

 

 

*追記*

冷凍にむいているお惣菜・・・ごぼう、切り干し大根やきのこのきんぴら・南瓜やひじきの煮物。(こんにゃくはNGです。)

お肉を使う場合・・・解凍される際に水分が抜けてしまい、繊維だけが口に残ってしまいます。(パサついた食感に。)

ひき肉料理(ハンバーグ・つくね等)ですと、美味しくいただけます。

 

 

 


コメント

  1. […] 『自家製お弁当冷食のすすめ〜無理なく仕込むタイミングを紹介します!」→ ☆☆ […]