冷蔵庫整理収納・冷凍室を例に、リバウンドしない不動の定位置をキープする方法をご覧ください♪


 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
冷蔵庫整理・・・一度気持ちよく整えたのに、またぐちゃぐちゃになっちゃった(T ^ T)

 

そんな経験はありませんか?

 

整理収納の基本として、”定位置を決める”ことは欠かせません。ですが、冷蔵庫収納の場合食材がなくなり、また買ってくると言ったように、頻繁に入れ替わることで定位置を決めてもなかなか定着しないというのが現状です。

 

そこで、ひとつの例を紹介します。

 

こちらは、冷凍室の上段になります。 手前には、生姜やねぎなどの薬味をあらかじめ下準備して凍らせています。

 

img_3386

 

この小さな保存容器。中身を使い終わったらどうしたいですか?・・・そうですね。キレイに洗ってしまっておきたいですね。

 

では、この洗った容器どこにしまっておきましょう?

 

普通なら、キッチンの収納場所にしまうことでしょう。でも、それでは冷凍庫内の定位置は、いずれ定まらなくなり他の食材が入り混じり煩雑になってしまいますね。

 

ちょっと、こちらの写真をごらんください。

 

phonto-2

 

薬味コーナーのうち、”にんにく”の容器に注目してください。

 

お気付きですか?^^そうなんです。『空でもココ→』の通り、空になってもこの”定位置に置く”ことがポイントになります。

そうすることで、もう他の食材が入り込むことはありません。ぜひ『空でもココ→』で、不動の定位置をキープしてくださいね!