冷蔵庫収納の基準*容器に入れかえるべきもの

Pocket

 
冷蔵庫収納家の福田かずみです。
 
冷蔵庫内をすっきりと見せたいと思った時。庫内にある食料品のすべてを統一した容器に入れ替えてみる!
 
なんて、実際にはありえませんよね。
 
そこで、入れ替えるべきものの基準をお話いたします^^
 
使用頻度が高いものは、毎回の開け閉めや出し入れがしやすいことが理想ですね。
 
例えばお馴染みのこちら・・・
 
IMG_8943.JPG
 
ごはんのお供に、人気の昆布の佃煮です。我が家では梅干しに続き定番品です。
 
でもこのパッケージ、開け閉めがスムーズにいきません。残り少なくなる頃には、フタの噛み合わせが上手くいかなくなってしまったり・・・。
 
このようなに使用頻度が高い食料品の場合は、ぜひ容器への入れ替えをおすすめします^^
 
IMG_8944.JPG
 
中身が見えるものが良いですね。
 
IMG_8946.JPG
 
ちょうど、ひとパックが収まるサイズが理想的です。これで、取り出してしまう際のアクション数が減り、キッチンワークもスムーズになりますね♪
 
このように、使用頻度が高く開け閉めにわずらわしさを感じるかどうかを基準に容器への入れ替えをするようにいたしましょう。
 
 

冷蔵庫収納のポイント

 
それでは、使いやすくなった昆布の佃煮。次に、庫内に置く場所を決めてあげましょう!
 
 
しかしながら、せっかく決めた置き場所でも、そのまま置いただけでは、やがて迷子になってしまいます。ここは、収納用品を使って不動の定位置を作って収めてあげましょう。
 
こちらのトレーを使います。
 
IMG_8961.JPG
キッチントレー / セリア・キャンドゥ(100円shop)/ 34.8×12×高さ5
 
浅いタイプの収納トレーなので、取り出すときも戻すときも動作がスムーズに行なえますね^^
 
では、こちらを定位置に収めてあげましょう!
 
定位置 トレー使い.001
 
梅干しや海苔の佃煮などごはんを食べるときに必要なものを一緒にまとめています。
 
これで、昆布の佃煮は迷子にならず、調理工程もスムーズに♪ ちゃんと賞味期限内にいただくことができますね。
 
あ、そうそう。賞味期限がいつなのか心配になってしまう方は、マスキングテープなどに記入して貼っておくと良いですよ^^
 
いつもの食料品を定位置に。そして、詰め替えて使いやすく♪小さなキッチンのしあわせ♡をぜひ施してあげてくださいね!

無料メール講座『理想の食生活をかなえる “美人冷蔵庫術” 7つのステップ』