寒くなりましたね~ほっこり煮物の科学について^^


 

こんにちは。

【かぞくの献立*Happyダイニング】

の福田かずみです^^

 

 

 

11月に入ったら、一気に冷え込んできましたね。

家族で囲む食卓も温かくてほっこりする献立が

恋しくなりました^^

 

 

 

d7136-18-521432-1

 

 

 

ん~ん。

やっぱり“おでん”でしょうか♪

 

 

 

ところで、おでん等の煮物。

 

 

「一晩たった方が美味しくなるのねよ~」

 

 

なんて、聞いたことがありませんか?

 

 

でも、どうして美味しくなるのでしょう?

その理由、ちゃんとあるんです!

 

 

 

一晩たつ=冷める 訳なのですが

その冷める時に味が素材にしみ込みます。

 

 

では、どんな仕組みで味がしみ込んでいくのでしょうか。

 

 

まず、火をつけて煮始めると、

ぎっしりと詰まっていた表面の細胞壁が

壊れます。

そこから素材の水分が流れ出ていくのです。ます。

 

 

そして、火を止めて50℃~40℃の温度帯になると

出て行った水分が素材に戻っていきまます。

 

 

その時に、味がしみ込んでいくのですね♪

 

 

 

食材と周りの調味料との間で、浸透圧による水分移動が行われたのです!

ん~ん。料理は科学ですね(^_-)-☆

 

 

 

コトコト煮ているお鍋の中でこんなことが起きていたなんて☆

だから、明日の方が美味しくなると言われているのね!
そんな理由がわかると

なんだか料理上手になった気がしませんか?

 

 

 

『美味しい煮物は一旦冷ますべし!』

 

 

 

煮物の科学のおはなしでした(^_^)/

今週末は、ほっこり煮物料理で

美味しい食卓を囲んでくださいね♡

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+

 

 今日スーパーで買うものが家族の健康とママのキレイを作る

『ママのキレイと家族のための栄養&クッキングレッスン』

 脂質の会

11月12日(水) 

10:30~14:00

栄養を学んだら、ぜひとも摂りたい食材を使って
作って美味しく食べられて・・・おうちに帰って即実践!

レシピももらえるお料理レッスン☆

詳しくはコチラ・・・・・☆☆☆