卵1個で作るお弁当レシピ。1分で出来る『レンジ卵』のつくり方


 

 

 
1分で出来るお弁当レシピ 『レンジ卵』のつくり方

材料

 

卵・・・・・・1個

 

さとう・・・・小さじ1(甘めです。お好みで加減してください。)

 

塩・・・・・・少々 (濡れたお箸に着くくらい・・・下記参照)

 

 

 

作り方

 

 

a2

 

耐熱ボウルを用意します。

 

 

a4

 

お砂糖とお塩を入れます。

*お塩は、濡らした菜箸をお塩の中につけると

卵液の中で固まらず、卵を早く溶きほぐすことが出来ます。

 

(ピントをお箸に合わせたかったのに・・・ボケてしまってすみません。。)

 

 

a5

 

電子レンジ 600W 40~50秒 加熱します。

 

 

*この40~50秒の10秒間に起こる

細かい現象を末尾に解説しています。

 お時間のある方はご覧ください^^

 

 

a8

 

加熱後 取り出すとこんな様子です。

 

 

⑤ひっくり返すと・・・

 

a10

 

下に卵液が少し残っています。

このくらいで加熱を止めると

しっとりと美味しく出来上がります(^^)♪

 

追記:やや半熟のため、気温が高くなる

5月~10月の間は、お弁当には

入れないようにしてくださいm(__)m

 

 

a9

 

しっとりツルピカ~(^^)

 

 

⑦ 4分の1にカットして・・・

 

a6

 

 

⑧シリコンカップ等に入れます。

 

a7

 

 

⑨こんなアレンジも

 

a11

 

卵との相性抜群のトマトケチャップとパセリで。
中にはチーズを入れています。

 

 

その他、卵液に青のりやカニカマを

ほぐし入れても美味しいですよ(^^)v

 

 

レンジ卵弁当

 

 

 

 

 

【 卵と電子レンジ調理の関係】

 

先程のつくり方③で40~50秒とありました。

 

 

電子レンジは、その機種によって

本当に 熱の伝わり方がさまざまです。

 

 

我が家は、2台の電子レンジがあり

使っていてその違いを体感しています。

 

 

1台の電子レンジは、立ち上がりが早くその後一定。

もう一台は、立ち上がりが遅くその後一気に加熱が進みます。

 

と言った具合に同じ600Wでも、

特に短い調理時間では

仕上がりに違いが出てしまいます。

 

 

そして、電子レンジ調理は、

水分がなくなり始めると一気に加熱が進みます。

 

卵に限っては、目で見て確認することが一番です!

その出来上がりのサインは・・・

 

 

「ぶわぁ~~~っと膨らみます!

 

 

この現象がだいだい加熱後40秒~50秒の間に

起こると言うことなのです。

1つの目あすとして、レンジの中を覗いてみて

 膨らむ のを待って下さいね(*^_^*)

 

 

ぶわぁ~~~っ となったら、すぐに加熱をやめます。

 

 

 

水分がなくなり過ぎると、

パサパサになり 美味しくなくなってしまいます。

水分量が美味しさの分かれ道なのです^^

 

 

そして・・・

この膨らみは、すぐにしぼんでしまいます。

その写真が④です。

 

 

a8

 ふくらんだ後しぼんだ状態。

 

 

この時、下に卵液が少し残っていると

ツルピかレンジ卵になっています。

 

 

 

おうちの電子レンジと仲良くなって

美味しい卵料理を作って下さいね(^^)♡

 

 

 

最後に、美味しく出来るようになったら・・・

『作り過ぎ注意!!』ですよ(笑)
わたしも飽きてしましまわないように

具やトッピングを変えて

1週間に一度くらいにしています(*^^)/