ワザあり冷蔵庫整理!自家製冷食の小物収納【パセリ】ドライにしてから凍らせる冷凍術を紹介します。


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

今日は、自家製冷食・小物収納の続編です。

 

 

 

わたしの冷凍室に新規追加された【パセリ】の冷凍術を紹介します。

 

まずはじめに、パセリは電子レンジでセミドライにします。加熱時間の目安は、このくらいの2枝なら600Wの電子レンジで1分〜2分です。耐熱皿に乗せ、水分を飛ばしたいのでラップはしません。

 

 

 

写真は、枝の一部が焦げている悪い例です。こうなる一歩手前で加熱を止めるのが理想ですね^^

 

洗ったばかりのパセリは、水分が多いので加熱時間にも差が生じてしまいます。パセリの様子を気にしながら加熱してください。

 

レンジから出したら、パセリを振るようにして、まとっている水分をこもらせず蒸発させてあげましょう。

 

 

次に、茎を除いてみじん切りにします。

 

 

ポリ袋に入れて、二枚のステンレストレーに挟んで冷凍します。こうすることで、食材が素早く凍り、パラパラに冷凍されます。

 

 

収納容器として使用しているのは、こちらの容器です。

イノマタ化学   イデアルID-401 長角プチ3

■商品サイズ:
6.9×9.8×3.2Hcm(100ml)

■購入先:
キャンドゥ(100円ショップ)

※こちらの容器は、冷凍室内の環境(-18℃)でも、蓋が硬くならず開けやすいのでオススメしています。

 

こちらの写真には、パセリが写っていませんが、これらの自家製冷食の小物収納の仲間入りをしました^^

細かな食材でも、このような収納法なら在庫管理も一目瞭然。蓋を開けたらすぐに使うことができて、戻す時もサッとしまえます。

今朝もお弁当づくりで活躍してくれました。

 

 

ポークピカタの卵に加えました。

 

 

パセリの彩りがあると料理がランクアップしますね。
大きな房で売っていることが多いパセリですが、こんな冷凍術なら少しずつその効果を発揮してくれます。


食材のロスがなくなり、お料理上手へ。

 

今回のパセリの冷凍術は、電子レンジで乾燥させることもポイントです。

 

ドライにすると、解答してもベタつかず、パラっとふりかけることができます。しかも、変色も防げるんですよ。オムライスやグラタンなどの仕上げに、ひと振りするとお料理の腕があがりますよ。

 

ぜひ、取り入れてみてくださいね!