食品ロス講演@横浜市港南区環境事業推進委員研修


食品ロス削減アドバイザー/冷蔵庫収納家の福田かずみです。

平成31年2月21日に、横浜市港南区役所にて環境事業推進委員研修が行われ、こちらで一時間登壇させていただきました。

今回のタイトルは、「食品ロスをへらし、防災にも役立つ冷蔵庫整理収納講座」です。

 

通常、食品ロスとあわせて取り入れているのは、調理で欠かせない野菜の切り方など料理の要素なのですが、今回は、男性の参加者が半数以上であるとのこと。
地域振興課の方との打ち合わせで、防災面を取り入れることになりました。

以下のように、食品ロスと冷蔵庫整理が7割、防災に役立つ冷蔵庫整理が3割といった内容で組み立てました。

食品ロスの現状では、事業系として時節の恵方巻きを例に、私たちの消費の仕方を確認しました。

続いて、家庭系の食品ロスと解決策に続きます。

男性の方は、「冷蔵庫は、あんまり開けないなぁ。ビールを取るときくらいかな〜」と仰りながらも、最後まで熱心に耳を傾けてくださいました。

最後に、記入していただいたアンケートで気になったことを一点紹介します。

「家で趣向があわなくて、食べないものを寄付できるルート(フードバンク?)が知りたい。」とありました。

今後は、このように差し上げあげたい方と必要としている人や団体をつなげる機会を設けて行かれたらと思いました。

「食品ロスへの関心」の高さが伺うことができ、大変嬉しく思いました。

これからも、充実した研修会となるよう、フィードバックを重ねて参ります。

お世話になりました港南区役所地域振興課資源化推進の方々へ、御礼申し上げます。