食品ロス講演・浜松市役所環境部ごみ減量推進課主催 「冷蔵庫すっきり収納セミナー」


食品ロス削減アドバイザー/冷蔵庫収納家の福田かずみです。

2020年12月1日 浜松市環境部ごみ減量推進課主催「冷蔵庫すっきり収納セミナー」を開催しました。

浜松市での開催は、今年2度目となりました。

前回は、町内会会長や環境問題に積極的に取り組まれている方々の研修会にて。そして、今回は、一般市民の方々にお越しいただきました。

この日は、浜松市で今年度初めて行ったという「エコレシピコンテスト」の表彰式がありました。

最優秀賞に選ばれたレシピは、「茶殻ふりかけ」と「ピーマンのまるごと焼き だしがらのっけ」でした。

茶殻ふりかけは、緑茶の生産地ならではですね。私も緑茶を毎日飲むので、ぜひ作ってみたい!と思いました。身近なピーマンは、種もワタも食べられて出汁がらまで活用できるので、皆さんんも取り入れやすいレシピだと思います。

素敵なレシピの数々に、私も沢山元気をいただきました。

今回は、そんな食品ロス削減への意識が高まる浜松市の皆さまに、冷蔵庫の整理収納法をお話致しました。

参加者の方に配布した資料。

講演会では、食品ロスの現状から冷蔵庫の整理収納法を。そして、過剰除去を減らす野菜の切り方では、実際に野菜を使って実演をしました。

実は、冷蔵庫の整理収納法といったノウハウだけでは、食品ロスを減らすことは難しいと考えています。

もちろん冷蔵庫を整えることは大事な要素ですが、それだけでは長続きしません。重要なのは、食べものを大切に思う心です。その心を実物の野菜を使って伝えています。

エコレシピを考えて、日々工夫を凝らしてつくることもそんな心があってこそだと思います。

会の終わりには、多くの方から質問をいただきました。浜松市の皆さま、熱心に耳を傾けてくださりありがとうございました。そして、浜松市環境部ごみ減量推進課の関係者の方々には、2回に渡り関わらせていただきましたことに、心より感謝を申し上げます。

2020.2.4追記
「GGつうしん」2020年1月号へ掲載していただきました。