横浜市立南戸塚中学校PTA主催・食品ロス講演会


食品ロス削減アドバイザー / 冷蔵庫収納家 の福田かずみです。

令和元年10月30日、横浜市立南戸塚中学校にて 食育講演会「減らそう食品ロス」と題して、冷蔵庫の整理収納法のお話をさせていただきました。

まずは、日本の食品ロスの現状から。続いてその内訳から事業系の取組み事例について、身近な広告を取り入れて紹介しました。

兵庫県のスーパーヤマダストアさんのチラシより

 

この日、ご用意したスライド資料は90枚を超えていましたが、配布する資料は資源のことを考慮しまして、もっとも大切な冷蔵庫収納法9コマをA4サイズ1枚にまとめ、印刷していただきました。

 

お配りした資料には、もっとも大切な冷蔵庫の整理収納術をまとめています。

野菜室からは、収納法に加え過剰除去をへらす野菜の切り方を実演しました。

野菜室の収納法では、過剰除去をなくす野菜の切り方を実演します。

野菜の切り方は、スライド資料だけでも紹介をすることはできるのですが、やはり生のお野菜を切ることで、みなさんの集中力が高まります。その方法も特別なことではないので、すぐに取り入れることができます。
普段、食事をする前に「いただきます」と言いますね。あわせて、料理をするときから、食材に感謝の気持ちをいだけるとよいと思うのです。無造作に取り除いていた野菜のヘタも、少しだけやり方を変えて最小限にする。毎日の料理から、無理なく食品ロスを減らせますように。

実は、こちらの中学校では、今年度子ども達の食育として「食品ロス」について学びを深めているところです。学校で知った食べもののことを家庭でも共有していくこと。合わせて、私たち大人も食べものを大切にする姿勢を見せて欲しいと願っていることも話しました。

この日は、校長先生も聴講くださり、なんと最後までいらしてくださいました。お忙しい校長先生です。実は珍しいこのなのです。このように関心を寄せてくださり、大変有難く存じました。

そして、南戸塚中学校のPTAの方には、メールや電話での打合せを重ねていただきました。当日までのご準備、大変お疲れさまでした。様々なご配慮に心より感謝を申し上げます。