静岡県浜松市”ごみ減量天下取り大作戦”研修会にて食品ロス講演


食品ロス削減アドバイザー / 冷蔵庫収納家の福田かずみです。

令和元年10月1日に、静岡県浜松市ごみ減量天下取り大作戦研修会が行われました。

浜松市は、同市のマスコットキャラクター”家康くん”にちなんで、「ごみ減量”天下取り”」をスローガンにキャンペーンを実行中で、政令指定都市の中で、最も家庭系ごみが少ない都市を目指しています。

はじめに、浜松市ごみ減量推進課より浜松市の家庭ごみの現状などの説明があり、続いて私から「食品ロスをなくす冷蔵庫収納術」と題して講演をいたしました。

今回、出席いただいたのは、自治会の役員・ごみや環境問題等に熱心に取り組まれている方々でした。

会の終わりには、この度の研修内容を、我が自治会でも共有したいと仰っていただき、本日投影したスライド(88枚)の資料を求める声をいただきました。

(通常お配りしている資料は、最も大切なスライドを抜粋しA4サイズにまとめたものです。)

浜松市の担当者の方が、資料の印刷をしていただき、後日手渡してくださるとのこと。双方に、大変お手数をお掛けしてしまいましたが、このように関心を寄せていただけることを大変嬉しく感じました。

本日の研修会が、浜松市のごみ(食品ロス)減量への機運の高まりとなりますように。

そして、浜松市環境部ごみ減量推進課の事業にも注目したいと思います。今年度新規事業「ごみ減量天下取り宣言ごみ袋」(バイオマス原料使用)も、多くの方が実践いただくことを願います。

体系的にごみ減量への取り組みを実施されている浜松市をこれからも応援させていただきます!

浜松市ごみ減量天下り大作戦事業

次回は、令和元年12月1日。浜松科学館ホールにて「冷蔵庫すっきり収納セミナー」が開催されます。来場者の方には、冷蔵庫で活用できる素敵なプレゼントがありますよ。

お申し込みは、10月15日より始まります。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。