AQUA冷蔵庫 「Delieシリーズ」新商品説明会レポート


 

食品ロス削減アドバイザー / 冷蔵庫収納家の福田かずみです。

令和元年11月14日、アクア(株)の新商品説明会が開催され、ゲスト出演をさせていただきました。

 

会場は、アクア(株)東京本社。中に入ると、十数台の冷蔵庫がずらりと並んでいました。

 

今回は、来年1月にリリースされる冷蔵庫「Delieシリーズ」のメディア向け新商品の説明会でした。『おいしさが見える冷蔵庫』がコンセプトとのこと。私も楽しみに参加させていただきました。

第1部・2部ともに、多くのメディア関係者の方が来場されました。

まずは、アクアジャパンの吉田代表から、「Delieシリーズ」の開発に込められた想いをお聞きし、
商品本部の山本さん、技術クリエーションの星野さんからは、新製品の機能面、アクアならではの技術的背景の説明がありました。

私からは、「Delieシリーズ」の特徴を冷蔵庫整理活用の専門家としての目線で、コメントをさせていただきました。

「Delieシリーズ」のコンセプト=『おいしさが見える冷蔵庫』は、私が提唱している冷蔵庫の整理収納法と一致しています。

それは、『何が、どこに、どれだけあるか一目瞭然』の庫内にすること。

それを叶えてくれる「Delieシリーズ」の設計を挙げてみると・・・

 

1. 冷蔵室を開けるたびに、上から野菜室の野菜が見わたせること

2. 野菜室に使いかけ野菜などを収納するケースが備わっていること

3. チルド室以外に、もう一段引き出し付きの収納棚があること

 

私からは、特に使いやすい収納面について補足をさせていただきました。

 

 

そして収納以外も、冷蔵庫の機能として注目したいのが「おいシールド冷凍」。これは、一般的に私たちがあまり気に掛けることのない冷凍室の機能を改善したものになります。

通常、冷凍室には自動霜取り機能が備わっています。実は、定期的に冷凍室の温度をあげて小まめに霜取りをしてくれています。「おいシールド冷凍」は、この温度上昇が与える食材へのダメージを抑えてくれるそう。

最新の冷蔵庫でよく耳にする急速冷凍機能ですが、業務用の冷凍食品のようにおいしく冷凍することができると謳われています。でも、美味しく凍らせても、残念なことに、保存している間に品質が低下してしまうことがあります。「Delieシリーズ」は、美味しく冷凍することだけでなく、その後の保存にまで美味しさを追求しているのですね。

会場では、実際に「おいシールド冷凍」で凍らせたアイスクリームや帆立などで、その違いを確認することができました。

訪れたメディア関係者の方は、新商品の冷蔵庫に手を触れ、冷凍食品のサンプルをご覧いただいたりと関心を高めていらっしゃいました。

参加された方からは、「アクアの商品は、いつも驚きがありますね」とのお声が聞かれました。
新しい製品が世に送り出されること。そんな貴重な機会に、お招きいただきましたことに感謝を申し上げます。

AQUA 冷蔵庫「Delieシリーズ」。令和2年1月中旬より順次発売されるそうです。店頭でお見かけの際は、ぜひご覧になってくださいね。