作りおきおかず『レンジ蒸し鶏』 しっとり仕上げる3っのルールと食品ロスゼロの冷蔵庫収納術


 

冷蔵庫収納家の福田かずみです。

 

今日は、冷蔵庫に置いておきたい作りおきおかず。ぜひルーティーン食材として取り入れていただきたい”鶏むね肉のレシピ”を紹介いたします。

 

しかも、とっても簡単!3つのルールを守るだけでパサつく胸肉がし~っとり^^

 

驚くほど簡単で美味しい蒸し鶏のつくり方です!

 

 

『レンジ蒸し鶏』

 

しっとり仕上げる3っのルールと一緒にお伝えします。

(ルールの「なぜ?」についての説明は末尾に記しています。長くなるので、興味のある方だけ読んでくださいね。)

 

t2

 

材料

鶏むね肉・・・・・・・300g

塩・・・・・・・・・・小さじ1/2強

お酒・・・・・・・・・大1

 

耐熱性の容器を用意してください。

 

 

作り方

 

 【ルールその1】お肉は、冷蔵庫から出し室温に戻しておく。

 

 

①むね肉に塩を均一にふり、手で押さえてあげます。

 

 

t3

 

 

②お酒を降り入れます。

 

 

t4

 

【ルールその2】皮を下側にする。

 

③フタをして、600Wで2分40秒加熱する。

 

 

t5

 

 

【ルールその3】フタはすぐに開けない!・・・冷めるまでそのままね!

 

(レンジの機種により、加熱時間は異なります。表面から見て、生でしたら新聞紙で包んで冷ましてください。余熱時間が長くなり、追加加熱をしなくてもしっとりと仕上がります。)

 

 

t8

 

 

④冷めたら、料理に合わせて食べやすい大きさに切ります。

 

 

t7

 

これで、しっとりむね肉の完成です~~♪塩して、お酒ふって、チンしたら出来上がりです。

ルールを守って、美味しいレンジ蒸し鶏を作ってみてくださいね。

 

 

今日は、さらに手で割いてこんなサラダにしました^^

 

『 蒸し鶏たっぷりサラダ♪ 』

 

t6

 

 

アレンジ自在の基本の “レンジ蒸し鶏”

明日のために、今晩作って冷蔵庫にスタンバイしておくといいですね♪

 

そして、”冷蔵庫に置いておきたい作りおきおかず”は、ぜひ定位置を決めて。食品ロスにさせず、最後まで美味しくいただけますように。

 

 

 

このように、作りおきおかずの棚を決めます。ぴったりと収まる保存容器があると良いですね。整った冷蔵庫収納から、おいしい食卓へ♡

(【美人冷蔵庫LIFE】おすすめ冷蔵庫収納用品のラインナップはコチラ・・・☆☆

 

しっとり美味しいルールの「なぜ?」詳しい説明

 

【ルールその1】お肉は、冷蔵庫から出し室温に戻しておく。

 

お肉は急激な温度変化が苦手です。ストレスを感じて、きゅっと固くなってしまうのです(>_<)

特に、塊のお肉は冷蔵庫から出してすぐに加熱をすると、

冷えきっている中心に火が通るまでには、まわりが加熱しすぎてしまいます。

パサつきの原因になってしまいますね。

 

では、どのくらいの時間だしておけばいいの??

室温は、季節によっても違いますね。冷蔵庫から出したての冷え冷えではなく

触ってみて、ほんのり冷たい感じです。

 

 

 

【ルールその2】皮を下側にする。

 

電子レンジには、加熱ムラがあり下から火が通り始めます。必要以上の加熱によるパサつきを皮に守ってもらいます。

 

 

【ルールその3】フタはすぐに開けない!・・・冷めるまでそのままね!

 

実は、加熱時間が終わっても余熱で調理が進んでいるのです(^^)/

お肉は、65℃位~タンパク質が凝固し始めます。同じく離水(お肉の繊維と水分が離れてしまう)

も始まります。

 

なので、余熱を利用してこの温度帯で、なるべく水分を保ったまま火を通してあげると、

パサつかない “しっとりむね肉” に出来上がるというワケなのです。

 

みなさんも、ぜひ美味しい蒸し鶏を作ってくださいね!

 

*こちらの記事は、2014年3月26日に投稿したものに追記をさせていただきました。


コメント

  1. […] 『レンジ蒸し鶏』に、お野菜やきのこ等をレンジで蒸ししたものを添えても […]

  2. […] 作りおきおかず『レンジ蒸し鶏』 しっとり仕上げる3っのルールと食品ロスゼロの冷蔵庫収納術 […]